iPhone写真やiPhotoのバックアップは「Flickr」に

iPhoneにたくさん写真を撮っていたり、デジカメ写真をMacのiPhotoに溜め込んでいる場合、怖いのがデータの消失。iPhotoのデータがぶっ壊れて開けなくなったとか、iPhoneを水没させて写真全部パーにしたなんて話は、実際かなりよくある。

そんな自体をごく簡単に防いでくれるのが、写真管理サービスの「Flickr」(フリッカー)だ。これはおよそiPhoneやiPhotoを使ってる人ならすべてが利用すべき。無料だし。

有線接続でiPad/iPhoneを外部ディスプレイ化する「Duet Display」

Lightningや30pinのケーブルでMacと接続されたiOSデバイスを、外部ディスプレイとして使うためのアプリ「Duet Display」が登場し話題となっている。

これはiOSアプリで、Mac側にも以下のサイトから無料ダウンロードしたアプリを入れておく必要がある。

http://www.duetdisplay.com/

設定もとても簡単で、レスポンス的にはまあまあUSBモニタ並みな感じで役には立つが、残念ながらまだバグが残っているようで利用中に突然接続が切れることが多々あった。iOS側のモニタをタッチするとマウスカーソルが移動し操作も可能だが、元来タッチ用ではないのであまり使いやすいものではない。

また重要な情報として、iTunesでは「iOS5.1.1以上対応」となっているが、実際にはiOS5.1.1で動く初代iPadでは、インストールはできるものの立ち上がらず、タップしてもすぐに落ちてしまう。公式サイトのほうでは「iOS6以上」となっており、どうやらiTunesの記載が間違っているのではと思われる。

また、ネイティブ解像度1920x1080であるiPhone 6 Plusを接続したところ、Mac側から見える解像度は以下のとおりであった。
568x320
667x375
736x414

これはたいしいた広さではないので、作業効率の向上を考えるのであればiPadをつなぐことを前提にすべきであろう。



発売記念で1,000円という値段が付いているが、本当に必要かどうかは考えてから購入しよう。

iMac Retina 5KにはスタンドなしのVESAモデルもラインナップ

日本時間2014年10月17日未明に発表されたiMac Retina 5Kディスプレイモデル。いまだかつてない超高解像度ディスプレイは様々な分野のプロフェッショナルにとっては大変魅力的。ユーザーレベルの人には関係ないけど。

その5Kモデルには、スタンドがなくてVESAマウントに直接付ける形の製品もラインナップされている。これは机をスッキリさせるにはいいね。

http://store.apple.com/jp/buy-mac/imac-retina-vesa
JUGEMテーマ:ニュース


Scratch 2 Offline EditorがMacOSやWindowsで落ちる件の解決法

Scratch 2 Offline Editorが、MacOS MavericksやWindows 8などの新しいOSで、立ち上がったと思ったらすぐ閉じてしまう現象が発生している。これの解決法はとっても簡単、下記よりScratch 2の404というバージョンをダウンロードすればOKなので、ぜひお試しを。

http://scratch.mit.edu/scratchr2/static/sa/Scratch.air

MacBook Proで画面が乱れる件

MacBook Pro 17-inch,Mid 2010で外付ディスプレイを外した状態で使うと画面にノイズが出て、プチフリみたいな現象が出て、特にChromeが不安定になった。不思議なことに、外部ディスプレイをつないでデュアルディスプレイにすると、まったく安定する。

不思議な現象だが、調べてみるとこれはMavericks+一部マシンにおいてGPU(表示用プロセッサね)の切り替えで起きる問題らしい。外部ディスプレイをつなぐとNVIDIAのDiscrete(外部) GPUを使うことになるので、こっちに固定すればトラブル起こらないのかと推測。

これの修理は保証期間が延長され、購入から3年有効になるらしい。

しかし僕のマシンは4年位経ってる。と思ってググったら、gfxCardStatus.appというメニューバー常駐アプリを入れると、GPUの固定ができるんだって。これを入れてDiscreteに固定したらばっちり安定するようになった。ふーん。

gfxCardStatus.app

ぼくの中の黒い犬(I Had a Black Dog)日本語字幕版

Matthew Johnstone作、WHO(世界保健機構)が配信している「ぼくの中の黒い犬(I Had a Black Dog)」。どんな立場の人も、このことは理解しておくべきだろう。

リンク先に日本語字幕版あり。

「ぼくの中の黒い犬(I Had a Black Dog)」日本語字幕版

ミッチェル・レズニック 「子供達にプログラミングを教えよう」

なのぼ〜どAGにarduinoスケッチを書き込む

【メモ】

・なのぼ〜どAGにarduinoスケッチを書き込むには、このページ下のほうの手順が必要
http://tiisai.dip.jp/?p=2520

これでセンサ付きarduinoとして使えるんだけど、このままではScratchが使えなくなる。その場合は以下のスケッチを書き込めばOK。

http://tiisai.dip.jp/wordpress/wp-content/uploads/NanoBoardAGWithMotorTrio_diag_sonerm41.zip

ということで、ああ時間あったら遊ぶのになあと思いつつ、正月に余裕作るべくいま頑張っておこうっと。

※私はMaverickのMacを使ってるけど、USBのドライバによってはScratchも不調でarduinoスケッチ書き込みもエラーになる。以下ならうまくいった。

http://www.xbsd.nl/2011/07/pl2303-serial-usb-on-osx-lion.html

なのぼ〜どAG―ちっちゃいものくらぶ

子供から大人まで、プログラミングを学ぶのに最適なScratch言語で、さらにセンサーとモーターを動かすためのボードが、キット1,500円で売っている。

先日のMaker Faire Tokyoでも売ってたアレだ。
・なのぼ〜どAG―ちっちゃいものくらぶ
http://tiisai.dip.jp/?page_id=935

部品代考えても超安いので、ちっちゃいものくらぶさんにはいつも頭が下がる思い。部品点数はさほど多くないので、気軽に作れる。僕のようなハンダ付け中毒者にはいいネタだ。

ところでその際のScratchだが、最新の2.0はなのぼ〜どAG用のimageに未対応みたいなので、1.4を使うことになる。

しかしこれが、うちのMacOS 10.9(Mavericks)だとカラーサークル出て100%フリーズしてしまう。タイミング的にScratchがボードを認識しにいくところのようだ。いろいろいじってみたが、うまくいかない。笑えるのは、その後なぜだかMacのキーボードが効かなくなること。どの程度再現するのかはわからないけど、MacをMavericksにした人は気をつけたほうがいいかも。あと、なのぼ〜どAGを使った講座ではMavericks Macを持ってくのはリスクあるかもしれない。いまのところ解決策みつかってなくて、しょうがないので10.6(Snow Leopard)マシンを引っ張りだして使っている。

なんと、@tomonnn1 さんから教えて頂いて、ドライバを下記のにしたらすべて解決!

http://www.xbsd.nl/2011/07/pl2303-serial-usb-on-osx-lion.html

前のドライバ外し方わからなかったのでそのままだけど、コンフリクトはしてないみたい。

あと、Scratch落としてからなのぼ外す、を守ることかな。Scratchでハードウェア制御するのは、いろいろ楽しいね。子供たちも、Scratchでゲーム作っても一般のゲームソフト見慣れてるのであんまり感動してくれないようなのだが、ハードウェア制御なら楽しんでくれるかな。

激安Arduino互換機「ちびでぃ〜の2フルセット」情報

いま「Maker:」という趣味、あるいは生き方が密かなブームだ。やってることは電子工作やラジコン、ロボット製作などなのだが、その底には自分の手で何かを作ることの意義のようなものが見え隠れする。

そんな僕もMakerの端くれで、気分転換にクアッドコプター飛ばしたりしてる。最近はそれもできてないけど、システム開発的仕事はあまり続けてると効率が極端に落ちてくるので、何らかの気分転換的行動は必要なのだ。まあパソコン仕事の気分転換が電子工作だったりするのは、どうかと思うがw。

で、ちょっと前に入手し作ったのが、Arduino互換機「ちびでぃ〜の2フルセット」だ。これはArduino UNO互換で20文字×2行のLCDまでついて1,500円、LCDなしなら1,000円(いずれも税込・送料込)で頒布してくれる。あくまで頒布なのでサポートが保証がと言わないのがルールだが、にしても安い。

安いぶん、作り方などはサイト勝手に見てねという姿勢なのだが、それもある意味気持ちいいかもしれない。

http://tiisai.dip.jp/?page_id=1296

とりあえずハンダ付け等は頑張って進めるしかない。まあパーツは少ないから簡単なほうではある。

で、情報が足りない部分があったので、そこだけメモ的に書き出してみる。公式サイトの説明の補足としてみてほしい。

完成したら、サイトの指示通りパソコンのUSBドライバを入れる。これをインストールしてちびでぃ〜の2を接続すると、ツール>シリアルポートにメニューが増えるので、これをもってちゃんと動作していることがわかる。あとの設定としては、「ちびでぃ〜の2」はUNO互換なので、設定をUNOにすること。ここまで来たら「Blink」を動かしてみよう。これがうまくいけば、もう大丈夫だ。

フルセット版なら、一旦電源を切ってLCDを付け、以下のリンクにあるスケッチをインストールしてみよう。

http://tiisai.dip.jp/wordpress/wp-content/uploads/chibiduino2_LCD.zip

これでサンプル画面が出れば成功だ。製作サイトにはLCD用スケッチが最初から入っているようにも取れそうな表現があるが、私のは入ってなかった。↓コメント頂きましたとおり、最初からLCD表示のスケッチを入れて出荷されてるそうです!

また接続したLCDを有効にするには、コード内のLCD指定を以下のようにするとうまくいく
5,6,9,10,11,12

そんな感じで、いろいろ遊んでみよう。




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

.

エントリ

カテゴリ

過去ネタ

最近のコメント

  • 深圳クエスト2017
    カク
  • 深圳クエスト2017
    カク
  • 中国銀行口座作成体験記2017年1月版
    通りすがり
  • ソーラー飛行機での歴史的な世界一周チャレンジは日本をただ飛び越す
    肥田野徳美
  • ソーラー飛行機での歴史的な世界一周チャレンジは日本をただ飛び越す
    肥田野徳び
  • MacBook Proの液晶ガラス交換した
    栗山啓
  • LinkedInでスパムを送らないための注意点とリマインダの止め方
    リマインダーの一括取り下げができない
  • Macが急に固まるときはTimeMachine+Spotlightを疑ってみる
    ああああ
  • 激安Arduino互換機「ちびでぃ〜の2フルセット」情報
    tiisaidipjp
  • Macの外付HD(ハードディスク)に鍵がかかっちゃった事件
    さいこ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

プロフィール

書いた記事数:178 最後に更新した日:2017/11/29

このサイトを検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM