渋谷区檜原自然の家・利用レポート

先日、息子の友達家族たちと渋谷区の「檜原自然の家」を利用したので、以下にレポートする。この施設は本当に素晴らしく、ぜひとも利用して頂きたいのだけれど、初めての人にとっては勝手がわかりにくい。そこで僕がみてきたもの、わかった範囲のことを記しておく。自分で行くだけならともかく、誰か引率するとなると事前に情報ほしいから、これが参考になるといいんだけど。

【注意!】
利用方法がわかりにくい施設を気軽に使っていただきたく思い投稿しましたが、3年経っても割とアクセスを頂いております。みなさんぜひ活用して頂きたいのですが、どうも利用者の中にはここが楽しめない方もおられるようです。

少なくともアウトドアでの料理や火おこしなどの基本スキルがあって、皆さんが料理ができるようなメンバーであることは必須ですので、お父さんが家事しない家族とかだと、ここはやめたほうがいいでしょう。


- こんな感じの建物

▼事前情報
「渋谷区檜原自然の家」でググると某区議さんのページがヒットするけど、クルマで行ってさらっとみてきただけのようだ。やっぱり子供たちを連れ、電車バスを乗り継ぎ、泊まりにいかないとわからないよね。

・檜原自然の家/概要
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/youth/yt3_hinohara.html
住所:〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢3783
電話:042-598-1031
交通:JR武蔵五日市駅から「藤倉」行きバスで40分、小沢で下車して橋渡った目の前に校庭がみえる

東京都下では唯一の村である檜原村は、渋谷区7個ぶんの広さに人口2,300人。そこにある廃校を渋谷区の宿泊施設として利用しているのが「檜原自然の家」だ。利用資格は区内在住・在勤・在学の人で、年齢の制約はなく、家族だけでの利用も可能。2泊3日までで、日帰りもできる。そして利用料は、なんと無料。キャンプファイアーやると薪代が1,800円ほどかかるが、ほかは本当にタダなのである。交通費と食材代しかかからないから、レジャーとしてのコストパフォーマンスは最高なのだ。

この施設、食事は出ない。周囲にファミレスやコンビニなんてものも、当然まったく存在しない。詳細は後述するが食材買っていかなきゃならない。自炊のための道具類はばっちり揃ってる。

- 周辺の雰囲気

・居室
部屋は教室をカーペット敷に改造したところに布団を敷いて雑魚寝する。6室合計70名収容。気をつけたいのは、大人の女性が宿泊するにはちょっと根性がいるかもしれない点。着替える場所はないし、部屋に鍵かける雰囲気でもない。お風呂は男女わかれてるけど。キャンプとかが平気な人なら大丈夫かな。できれば女子更衣室だけはあったほうがいいのにね。


- 施設内の様子



・申し込み
利用2ヶ月前の1日8:30からだから、気合い入れてこのタイミングで区役所行こう。普通の週末や連休くらいなら、10:00からの電話受付でもたぶん確保できると思うけど、たまたま競合するかもしれないしね。なお夏休み期間は団体利用が優先されるため要問合せ。当選後も名簿提出などの手続きがあるので、指示に従って進めよう。

・季節
年末年始以外はやってはいるが、12月中旬〜2月末までは水道の凍結などもあるので現実に利用は難しいとのこと。冬場は日照時間が短いこともあり、標高345mとしてはかなり寒い。

▼交通アクセス
・クルマ
http://goo.gl/zQALV3
中央道を八王子で降りて新滝山街道〜秋川街道経由ですいてれば1時間半程度。連休など中央道が混む場合は2時間半みておこう。
・電車
新宿から中央線〜青梅線と進んで五日市線の終点まで1時間程。青梅特快を利用すると新宿〜拝島間乗換不要だし、土日祝に運行されるホリデー快速なら直通だ。武蔵五日市からはバスで40分程。このバスが2時間に1本位なので、あらかじめ時刻表をみて行動予定を組んでおくこと必須。すべての行動予定はこの時刻に縛られる。
- 電車(えきから時刻表)
 http://www.ekikara.jp/
- バス時刻表
(往路) http://goo.gl/Uk5NHo
(復路) http://goo.gl/GtSxBD

【移動における要注意点】
繰り返すが、バスは2時間に1本しかない。さらにいうと、大雨のときは道路が通行止めになりバスが止まり、本当の陸の孤島になる。こうなると帰れないばかりか、食材も着替えもない状態になるわけで、まさに遭難である。檜原村をなめちゃいけない。なお道路が通行止めになるのはあきる野市の十里木というポイントで、基準は僕が聞いた限りでは累積雨量140mm。平地でこれより少なくても、相手は山奥。十分余裕を持って考えよう。通行止めになっても乗用車は通れてしまうことが多いのと、甲武トンネルという回避ルートはあるのだが、バスはどうしょうもない。ある程度の雨が予想されるときは、迷わず取りやめや途中打ち切りすべきだ。
なお、天候などによる行動予定変更があった場合は、こまめに管理人さんに連絡しよう。管理人さんは、食事で不在になる時間がある


なお下記サイトでリアルタイムの運行情報がわかるので、遅延や運休に備えて確認しよう。
http://www.ntbloc.com/blsys/loca?VID=top&EID=sc

▼持ち物
現地にあるのは、寝具、シーツ、食器、炊事用具、トイレットペーパーだけと思ってよい。つまり、それ以外の必要なものすべてを持参する必要がある。

・持参品リスト
滞在日数ぶんの食材
飲み物(水は水道水を飲もう)
着替えの服
長袖(春秋はそこそこ寒い)
バスタオル
フェイスタオル
歯ブラシ・歯磨き粉
シャンプー・リンス・ボディソープ
川遊び用のサンダル・水着
花火とチャッカマン(ぜひ!)
コンセントはあるけど少なめなので、大勢なら分岐タップがあるといい
山歩きするならトレッキングシューズ必須

▼携帯電話
自然の家ではDocomo・au・Softbankともつながる。ちょっと遅いけど。しかし近隣の神戸岩などでは、つながらないことがある。自然の家にはピンク電話があるが、インターネットはない。

▼飲酒・喫煙
飲酒はまったくOK。喫煙は所定の場所でのみ可。

▼自炊について
食材類は、クルマなら日の出のイオン、電車なら五日市駅前のスーパーとコンビニで調達しよう。調味料もすべて持参する必要がある。
・イオンモール日の出
http://hinode-aeonmall.com/index.jsp
・パークショッピングセンター
http://www.parksyouji.co.jp/store/tateya.html

台所には包丁・鍋釜やかん・食器類は十分に揃っており、スポンジと洗剤はある。ゴミは捨ててもらえる。あと、流しそうめんはできるみたい。

▼バーベキューについて
校庭でバーベキューができる。炭は買ってゆく必要があるが、炭おこしは管理人さんが素晴らしい手際でやってくれる。鉄板・網・トング類は十分にある。当然ながら、道具は洗って所定の位置に戻しておくこと。

▼校庭での遊び
校庭には遊具とサッカーゴールはあるが、それ以外なにもない。子供たちは勝手に走り回らせておけばよいけど、多少は遊び道具を持っていったほうがいいかもしれない。キャッチボールなども制限なくできるが、軟式野球をやるほどの広さはない。花火は21時までやり放題、騒ぎ放題だけど、周囲には家があるのである程度は気を使おう。また1束600円の薪を3つほど買えば、キャンプファイアもできる。



▼周辺観光地
http://hinohara-kankou.jp/
・払沢の滝
小ぶりな滝なので散歩コースにはいいかな。
・神戸岩
何があるかはお楽しみ。行く価値はあるよ。バス停からは徒歩40分程。地元のコミュニティバスがあるが土日祝は運休(!)なので頑張って歩こう。
・その他トレッキングコース
ここでは紹介しきれないが、素晴らしいトレッキングコースが多数ある。
・マス釣り・つかみ取り
いくつかのマス釣り場がある。マスなら誰でもたくさん釣れるから、これ焼いて食べよう。調子に乗って釣りすぎないようにね。なお多客時は駐車場の予約が必要なこともある。
・川遊び
目の前の川で可能、増水時でなければ浅いので安全。

▼檜原村について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AA%9C%E5%8E%9F%E6%9D%91

▼利用シーン
こんな感じの施設なので、子供の友達を数家族誘って行くのが一番。基本は何もないとこなので、子供にとっては(あるいは親にとっても)友達同士で泊まるっていう修学旅行的楽しみが一番大きいので。子供たちが走り回ってる姿をみるのは、楽しいよね。時間や場所の制約なく思いっきり遊べるっていう機会は、渋谷に住んでいるとなかなかないから。だからこそ、3DS持参は禁止しとくべき(これ大事)。

学校の部活合宿に使えるといいんだけど、それには体育館がないしスペースも足りないので、やっぱ遊びに行くのが一番かとは思う。

なお僕は息子たちともどもトレッキング大好きなので、次回はそのベースとして使ってみようかな。いいコースたくさんあるしね。

▼その他
管理人さんは近隣の方が交代で行っていて、素晴らしい方達なので、わからないことあったら電話で聞いてみよう。ただし常時1名だけしかおられないので、気は使ってね。






▼施設に対する要望
現状のままでもう十分すぎるほど素晴らしい施設だけど、あえて要望を出すとこんな感じだろうか。

- 女子更衣室がほしい:スペース限られるので難しいかな。昼間は風呂場を利用などでもいいかも。これだけで利用側はだいぶラク。
- Webを充実させてほしい:近隣トレッキングコースや利用案内などは施設内には貼ってあるんだけど、これWebにも掲載しておいてほしい。檜原村の情報は少なくってさ。ホントは管理人さんがTwitterしてくれるといいんだけどw。
- 地元の子供との交流イベントをしてほしい:同じ東京都でもまったく両極端といえる渋谷区と檜原村。あまり大層に構えない形での交流イベントをやってほしいなとは思う。1週間で相互を行き来するプチ交換留学とかもいいかも。まあ、そういうのやっても小学生は忙しいから、参加してくれないのかな。
【面白かったらコメントしてね!】


   

この記事へのコメント
この記事のトラックバックURL
トラックバック




calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

.

エントリ

カテゴリ

過去ネタ

最近のコメント

  • LinkedInでスパムを送らないための注意点とリマインダの止め方
    リマインダーの一括取り下げができない
  • Macが急に固まるときはTimeMachine+Spotlightを疑ってみる
    ああああ
  • 激安Arduino互換機「ちびでぃ〜の2フルセット」情報
    tiisaidipjp
  • Macの外付HD(ハードディスク)に鍵がかかっちゃった事件
    さいこ
  • LinkedInでスパムを送らないための注意点とリマインダの止め方
    jetfish
  • LinkedInでスパムを送らないための注意点とリマインダの止め方
    本城弌彬
  • LinkedInでスパムを送らないための注意点とリマインダの止め方
    bikki
  • Macが急に固まるときはTimeMachine+Spotlightを疑ってみる
    たきちゃん
  • iOS 5.0.1でフリック入力ができなくなる現象について
    えむじい
  • LinkedInでスパムを送らないための注意点とリマインダの止め方
    tamado

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

プロフィール

書いた記事数:176 最後に更新した日:2017/01/18

このサイトを検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM