電子書籍への取り組みがまだトロいことについて

アメリカでKindle Fireがすごい勢いで売れている。あの端末はAmazon的には赤字で売って、書籍販売で取り返そうという戦略的価格設定だが、売れすぎてAmazonが赤字になっちゃうくらい売れてるらしい。7inchカラーで$199というお手軽価格なら、まあ売れるわけだよね。

そしてもうじき、iPad 3もたぶん発売される。こっちはもうちょっと値段は高いけど、その代わり印刷並みの高解像度ディスプレイになって書籍が読みやすくなるという。電子書籍革命も、第2ステージに入ったという感じだろうか。

しかしそんな中でも、日本の出版業界は残念なことにトロくてしょうがない。
僕が、ちょっと頭のカタい出版人と話したときのこと。彼はひたすら「紙の本はなくならない」とか「本は紙で読むもんだ」と言い続けていた。いやいや、紙が悪いとかなくなるとか言ってるんじゃなくて、でも出張とか海外のリゾート地行くときとか、読みたい本をごっそり電子書籍に放り込んでけば幸せジャマイカ?と思ったりした。

出版業というのは要はコンテンツ業であり、出版の結果が紙か液晶ディスプレイかは問わないというのが、現代における普通な感覚だろう。しかし、出版業=紙、というところから離れられない人も、現実にいるのだなあとそのとき思った。

紙の良さはもちろん認めるが、紙だけがすべてといまさら言ってる人は、ぜひ環境団体に取り囲まれていただきたいな、とか思ったり...。

話がそれたが、日本の出版業界の電子書籍の取り組みは、まだまだ遅い。電子書籍は端末機器がどうのっていっても要はコンテンツがすべてであり、特に場所をとるマンガが電子書籍端末でちゃんと読めるようになったら、そりゃ爆発的に普及するに違いない。

そもそも、電子書籍化というのは実は出版側が儲かる話だ。だって印刷しなくていいし、在庫もいらないし、取次の都合で配本制約されて激怒、なんて事態にもならない。もし電子書籍流通を自前サイトで行えれば、まさに坊主丸儲けである。印刷・在庫・流通のコストを限りなくゼロにできるということは、出版社として利幅を増やしても、販売価格は下げられるのだ。価格が下がれば買いやすくなって、売上部数も増える。

こんな感じで、電子書籍は宝の山だ。大手出版社なら自社のネームバリューで直接流通が可能だから利幅も増え、小規模出版社はいままでならコスト割れしたようなマイナー企画が実現でき、さらに読者にとっては販売価格が下がった上に場所も取らず、コンテンツもカラー化や動画などでリッチ化するとなれば、誰もが喜ぶ宝の山ではないか。

しかも、これは著者・出版社にとって大きいことだが、電子書籍はブックオフには売れないのだ。

ここまで発行側にメリットがあるというのに、出版社の電子書籍への取り組みはトロいの一言だ。

出版側がやるべきことは明確だ。まず、日本語に適した電子書籍端末の開発。iPadだKindleだと言っても、これらはしょせん英語圏のもの。日本人に特化した端末がこれらを打ち破る可能性は十分ある。いや、あった、というべきだろう。ここまで動きがトロかったので、そろそろKindle Fireが日本でも正式に登場しちゃって、もはや勝てなくなるかと思われるから。

出版側がやるべきことその2は、流通の制圧だ。電子データなんだからインターネットで誰でも自在に流せるのが原則で、それをAppleだのAmazonだのにテラ銭取られるようじゃ、出版界としちゃ本当は恥なのだが。

やるべきことその3は、電子化による販売価格の値下げだ。だって印刷しなくていいんだから、安くなって当たり前じゃん。それを既存の流通に妙な気遣いするから、出版界全体でコケることになるのだ。

ということで電子書籍については言いたいことが山のようにあるが、とにかく、いまからでもいいから本気でやろうよ。素晴らしい時代になってるんだからさ。

iPodが大量の音楽を手軽に持ち歩けるようになったのと同様に、電子書籍が自宅にある大量の本をホイホイと持ち歩けるという夢を実現するのだ。

▼電子書籍時代における書店のあり方も考えたい

ということでみんなの得になる電子書籍だが、もちろん印刷業界と書籍取次業界にとってはたまったもんじゃない。当然にいろいろと新しい取り組みはしているだろうけれど、この波に乗り遅れたら大変なこっちゃ、である。

そして書店も、いままでのスタイルでは生き残りは厳しい。しかし、だからといって書店というビジネスのパイが小さくなるということでは絶対にない。要は、電子書籍時代における書店のあり方を考えればいいのだ。これについては僕もいろいろアイデアあるので、話を聞いてくれるという人は連絡してほしい。

とにかく、電子書籍の世界っていうのは、絶対に楽しくて素晴らしくて、そして儲かる話なんだからっ。
【面白かったらコメントしてね!】


   

この記事へのコメント
この記事のトラックバックURL
トラックバック




calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

.

エントリ

カテゴリ

過去ネタ

最近のコメント

  • 深圳クエスト2017
    カク
  • 深圳クエスト2017
    カク
  • 中国銀行口座作成体験記2017年1月版
    通りすがり
  • ソーラー飛行機での歴史的な世界一周チャレンジは日本をただ飛び越す
    肥田野徳美
  • ソーラー飛行機での歴史的な世界一周チャレンジは日本をただ飛び越す
    肥田野徳び
  • MacBook Proの液晶ガラス交換した
    栗山啓
  • LinkedInでスパムを送らないための注意点とリマインダの止め方
    リマインダーの一括取り下げができない
  • Macが急に固まるときはTimeMachine+Spotlightを疑ってみる
    ああああ
  • 激安Arduino互換機「ちびでぃ〜の2フルセット」情報
    tiisaidipjp
  • Macの外付HD(ハードディスク)に鍵がかかっちゃった事件
    さいこ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

プロフィール

書いた記事数:178 最後に更新した日:2017/11/29

このサイトを検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM