KagoyaのメールをGoogle Appsに切り替えるとき苦労した件

レンタルサーバのKagoya共用サーバーを利用していて、メールをKagoyaからGoogle Appsに移行する際に苦労したのでメモ。
Kagoyaのメールは「メールドメイン」というところで設定されているのだが、これをGoogleに切り替える際は、

1) Google Apps側でメルアドなど準備万端にしておき
2) Kagoyaのメールドメインを解除して
3) IPドメインを下記のように追加

http://support.kagoya.jp/faq/index.php?action=artikel&cat=22&id=276&artlang=ja

という手順となる。上記URLにある説明も、実はあとに書いてある注意書きを先にやらなきゃという点でずいぶんわかりにくいが、なにより問題はメールドメインを一旦解除しなきゃならない点。

この時点でメール受信はまったくできなくなり、メールを送った人にエラーが返されてしまうのだ。

普通のプロバイダだとMXレコードの優先順位設定をすることにより、DNSが反映される前は旧メールサーバに、反映された後はGoogle Appsへという形で取りこぼしなくイケるのだが、Kagoyaではサポートにも確認したが、このへんの設定が一部対応していないために、必ず取りこぼしが発生してしまうのだ。やれやれ。

エラーになる時間は、世間の常識としては48時間ということになっているが、実際はおおむね2時間弱と考えておけば間違いないだろう。これは、世界中にあるDNSの中身が書き換わり、メールが正しい行き先に届くようになるための時間なのだ。
【面白かったらコメントしてね!】


   

この記事へのコメント
この記事のトラックバックURL
トラックバック




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

.

エントリ

カテゴリ

過去ネタ

最近のコメント

  • 深圳クエスト2017
    カク
  • 深圳クエスト2017
    カク
  • 中国銀行口座作成体験記2017年1月版
    通りすがり
  • ソーラー飛行機での歴史的な世界一周チャレンジは日本をただ飛び越す
    肥田野徳美
  • ソーラー飛行機での歴史的な世界一周チャレンジは日本をただ飛び越す
    肥田野徳び
  • MacBook Proの液晶ガラス交換した
    栗山啓
  • LinkedInでスパムを送らないための注意点とリマインダの止め方
    リマインダーの一括取り下げができない
  • Macが急に固まるときはTimeMachine+Spotlightを疑ってみる
    ああああ
  • 激安Arduino互換機「ちびでぃ〜の2フルセット」情報
    tiisaidipjp
  • Macの外付HD(ハードディスク)に鍵がかかっちゃった事件
    さいこ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

プロフィール

書いた記事数:178 最後に更新した日:2017/11/29

このサイトを検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM